セノッピーの栄養成分や原材料を解析@副作用や安全性も徹底調査!

この記事でお伝えすること

  1. 「セノッピー」の栄養成分や原材料
  2. 「セノッピー」のアレルギー
  3. 「セノッピー」の副作用
  4. 「セノッピー」の添加物

など「セノッピー」を栄養成分についての解析や安全性など副作用について解説していきます。

セノッピーの原材料・栄養成分表

セノッピー 成分

写真だと分かりづらいと思うので文字に起こすと以下の通りです。

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA ・EPA 油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、/ ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12、(一部に乳、卵、大豆、ゼラチンを含む)
参考:セノッピー「公式サイト」

実際に詳しく成分や原材料について解説していきます。

セノッピーの安全性を調査|副作用やアレルギーはあるの?

セノッピーは、お子さんが毎日食べるグミだから安全性が心配ですよね?そこで、先述した成分表をもとに「アレルギー」「副作用」「添加物」など詳しく解説していきます。

セノッピーのアレルギーがある原材料

セノッピーの原材料の中で、特定原材料等27品目に含まれるアレルギーがある成分は以下の通りです。

  • 大豆
  • ゼラチン

もし上記のアレルギーを持っているお子さんにセノッピーを与えるのは注意が必要です。

セノッピーに副作用はあるの?

セノッピーは、医薬品でなく栄養素を補う栄養機能食品になるので副作用の心配はないです。むしろ、

ただ、先述したようのアレルギーがある場合は注意が必要です。

セノッピーは4つの無添加で安心

セノッピーは、グレープ味のグミなので砂糖や人工甘味料などの添加物が入っていると思われがちですが、子供が安心して食べれるように以下の4つの添加物フリーです。

  1. 砂糖
  2. 人工甘味料
  3. 着色料
  4. 合成保存料

以上の添加物が入っていないので、セノッピーを与えても子供の成長に悪影響を及ぼす心配はありません。

また、砂糖や人工甘味料が入っていないので、セノッピーが原因で虫歯になるなんてことはありません。むしろキシリトールも配合されているので、虫歯予防にもなるので歯磨きが苦手なお子さんにオススメです。

まとめ

セノッピーには結論として副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、アレルギーがある原材料もあるので、食物アレルギーあるお子さんは注意が必要です。

もし、評判などを知りたい方のためにこちらでセノッピーの口コミをお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

セノッピーの口コミ|効果なし?森三中大島さん愛用のグミを評価します!
タイトルとURLをコピーしました